2008年05月26日

うちのドライカレー

週末に風邪をひいてしまったので、予定が大幅に変更してしまいそうです。

本当は遊びにゆく予定だったので、週末にドライカレーを作って冷凍しておきました。

夫に温めて食べてね!というつもりだったのに、私が体調をくずして予定変更です。

あぁぁぁぁ、残念。早く元気にならなくてはいけません。


ドライカレーですが、夫に『うちのご飯で好きなものは?』と、聞いたときに

一番にあがったものです。他には鍋しぎ(豚肉と茄子の味噌炒め)や、

高菜のおにぎりが上がりました。

うちのドライカレーには、茄子とピーマンが入るのが特徴です。プラス仕上げに

ケチャップを少し、カレー粉でなくて、カレールーで作るのもうち流かなって思っています。


・うちのドライカレー
DSCF2921.JPG

ピーマンは斜めに切って、油で軽く炒め取り出しておきます。茄子も続けて炒め、

両面に焼き色がつくまで油で焼いて、取り出しておきます。みじん切りにした

玉ねぎ、にんじん、セロリと、合びき肉のミンチを炒め(ミンチから脂が出るので

フライパンに油はひかなくても良いです。最後に足すカレールーにも大量の

牛脂や豚脂が含まれています。)ます。

全体的にいたまったら、カレー粉を4人前で大さじ1くらい加え、香りが出るまで

炒めます。フライパンに水をカップ1くらい足し、カレールーを細かく刻んだものを

入れ溶かします。(カレールーはでんぷんが含まれているので、沸騰した中では

表面が固まってしまい、溶けにくくなります。ルーを溶かすときは火を止めて

混ぜるとすばやく溶けますよ。)ケチャップを少しと、茄子の炒めたものと、ピーマンを足し、

水分がちょうどよいトロミになるまで煮詰めたら出来上がりです。

DSCF2924.JPG

野菜がたっぷりのドライカレーです。お肉の4倍くらい野菜が入ります。

きのこ類を入れるとさらに美味しくなります。シメジならそのまま、しいたけなら同じく

みじん切りにして入れてください。

ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ



recipe_blog_2.gif
ラベル:洋風料理
posted by かえっち at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 突撃晩御飯 洋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

メンチカツと、洋食で食べたい物ランキング?

オリコン調べ『なつかしのお袋の味ランキング洋食編』では、一番人気の洋食は

やっぱり1位はハンバーグ、2位以下はオムライス、カレーライス、ビーフシチュー、グラタン、

ミートスパゲッティ、メンチカツ、ピラフ、ナポリタン、コロッケと続くそうです。

確かにハンバーグや、オムライスは子供心にもうれしいご飯でしたよね。

ハンバーグ、カレー、ピラフは比較的、うちも良く作ってくれた洋食だったように思います。

ほとんど、家で食べた事がなかったのはメンチカツ。メンチカツになるまではいかず、

ハンバーグになって出てくることが多かったのか、家で食べる物というイメージは

私の場合あまりないですね〜。

そのメンチカツ、夫が先日雑誌でフライの特集を見て、食べたくなったと言い

帰ってきました。本当に食べたかったらしく、駅のお惣菜屋さんをのぞいたけれど

とんかつと、コロッケしか発見できなかったようで、残念がっていました。

そこまで食べたかったのなら、しょうがない。妻も腕まくりです。


・妻のメンチカツ
DSCF2926.JPG

玉ねぎを荒目のみじん切りにして、油で炒め、バットのようなものにとって

冷ましておきます。冷めた玉ねぎにパン粉を牛乳でふやかしたもの、卵、合びきミンチ、

塩、コショウ、ナツメグ(少々で十分)を入れて良く混ぜます。玉ねぎから水分が出るので、

牛乳は少なめにしてください。ハンバーグを作るの要領で食べやすい大きさにまとめ、

小麦粉、溶き卵、パン粉をしっかりとつけ、油で揚げて行きます。玉ねぎとお肉の

比率は半々くらいでしょうか。もちろん玉ねぎが生のまま入れてもシャキシャキとして美味しい

メンチカツになります。

今日のように炒めるとしっとりとして甘いメンチカツになりますよ。

割るとこんな感じです。
DSCF2928.JPG

たくさん作りました。

DSCF2930.JPG

今週はアフターファイブに予定のある日が何日かあるので、これを冷凍しておいて

心置きなく遊んで帰るつもりです。



ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ



recipe_blog_2.gif
ラベル:洋風料理
posted by かえっち at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 突撃晩御飯 洋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

小さいおかずで献立、鯖の竜田揚げ、アスパラのマヨチー焼き

アスパラガスが旬ですね。いただき物の北海道産アスパラガスが美味しくって

しょうがありません。

やはり旬って大事。味は美味しいし、栄養は満点になるし、値段は安くなるし、

いい事尽くめです。アスパラガスはアスパラギン酸という旨み成分(アミノ酸の一種)が

たくさん含まれています。このアスパラギン酸、新陳代謝を促し、疲労回復や、

滋養強壮に役立ちます。保存のコツは、生で保存せず、固めにゆでて冷凍庫に。

丁寧に調理をするなら、はかまをはずし、固くてすじがある半分くらいから下を

ピーラーで皮をむくと良いです。


今日はこういう春野菜をたくさん使った小さいおかずの献立です。
DSCF2910.JPG


・鯖の竜田揚げ
・新玉ねぎとさつま揚げの醤油炒め
・アスパラガスのマヨチー焼き
・にんじんとにんじんの葉のバター炒め
・えんどう豆と豆腐のかき玉汁



・鯖の竜田揚げ
DSCF2912.JPG
鯖は三枚おろしにし、一口大に切ります。生姜のおろしたもの、にんにくのすりおろし、

しょうゆを鯖にもみこみかたくり粉をつけて揚げます。上から青ねぎをちらして

出来上がりです。

鯖の魚くささがにんにくとしょうがの香りに消されて、小さいお子さんでも

食べやすいです。いつもは生臭いや、なんやと、魚料理に文句を言う夫もノックアウトの

はずの魚料理です。


・アスパラガスのマヨチー焼き
DSCF2913.JPG
アスパラははかまをはずし、固くてすじがある半分くらいから下を

ピーラーで皮をむき、さっと固めにゆでます。食べやすい長さに切り、

耐熱のお皿に並べ、上からマヨネーズを細く搾り出し、上からとろけるチーズ、

粉末のガーリックをほんの少しふりかけて、オーブントースターでチーズが溶けるまで

焼きます。アスパラをゆですぎてシナシナにしないように気をつけてくださいね。


ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ



recipe_blog_2.gif
ラベル:和風料理
posted by かえっち at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 突撃晩御飯 和食風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

豚肉とじゃが芋のパセリバターと、食品値上げ

昼間は天気が良いと暑いくらいになってきましたね。そろそろ初夏と呼ぶにふさわしい

日差しです。

今日またマヨネーズの再値上げが発表されました。食品の7%や、10%の値上げなどと

言うニュースが毎日のように流れてますね。でも、主婦の方は感じていると思うのですが、

毎日の買い物ではもっと値上げされているように思います。

これにはからくりがあるのです。

食品の値上げのやり方は2種類あります。一つ目はよくニュースで聞く値上げです。

これはスーパでの特売でない棚に書いてある価格があがります。そして、もう一つは値締め。

こちらはセールや特売をさせないというやり方です。節約をしているほとんどの主婦は

底値で商品の価格を覚えています。去年の年末くらいまではたとえば私のよくいくスーパーでは、

セールで袋入りのインスタント麺が5つ入りで180円前後、マヨネーズ500gの物が150円前後

でした。それが今ではセールとは書いてあっても、インスタント麺は250円前後、

マヨネーズも200円くらいします。ここまで価格が上がってしまったのは

この値締めという現象のせいだそうです。実際にここ半年くらいの食品原料の値上げというのは

10%なんていう生ぬるい上がり幅ではなく、50%なんていうものもたくさんあります。

本当に私たちの食生活はどうなってしまうのでしょう。心配です。



少し前の献立です。
DSCF2737.JPG

とんかつ用の豚肉を使ってちょっとご馳走風に見えるおかずです。


・豚肉とじゃがいものパセリバター
DSCF2738.JPG

豚肉は塩コショウをしてフライパンで焼きます。両面がいい色に焼けたら取り出しておきます。

じゃが芋は一口大に切り、サラダ油を熱したフライパンでみじん切りのにんにくとともに

こんがりと焼き、ひたひたより少なめの水を入れて柔らかくなるまで煮ます。

フライパンの水分がなくなったら、豚肉をもどし、バターと、たっぷりのみじん切りを入れ、

塩、コショウで味を調えたら出来上がりです。

パセリの緑色がはえて、なかなか美味しそうでしょ?



・ゆで卵のタルタル風サラダ
DSCF2741.JPG
彩りはよいけど、とっても簡単なサラダです。

ゆで卵を細かくつぶし、マヨネーズ、塩、こしょうで味を調えたものを、

水菜とプチトマトの上にのせただけです。仕上げに粉チーズをふっています。



ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ

recipe_blog_2.gif
ラベル:洋風料理
posted by かえっち at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 突撃晩御飯 洋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

レモンシフォンケーキと、レシピブログ

今日はきゃ〜〜な出来事がありました。私がブログを登録しているレシピブログさんに

今日の一押しブログとして、トップページにご紹介いただいたんです。

メッチャうれしい!記念に写真を撮りました。
DSCF2907.JPG

アクセスも一気に増えて、びっくりです。レシピブログさん、どうもありがとうございました。

あー、ホントのせてもらえるのがわかっていたらもっと内容のある記事を書いとけば良かったなぁ。

なんて考えたりして。でもまあ、たくさんの方にのぞいてもらえたのはすごくうれしいことだし、

一年弱続けて少しマンネリ化していたブログ書きも、また張り合いを持って楽しく

続けれそうです。のぞいてくださった方もどうもありがとうございます。




今日は少し前に作ったレモンを丸ごと一つ入れたシフォンケーキを紹介します。

レモンはうちの実家でなった物で、庭で出来たので無農薬です。安心して皮まで使えます。

卵も全卵使用なので、無駄なしです。しっとりと食べやすいのでクリームなしで

朝ご飯なんかに出しても好評ですよ。


・レモンシフォンケーキ
DSCF2840.JPG


(21センチのシフォン型一つ分)


卵黄・・・L5個分
グラニュー糖・・・40g

サラダ油・・・60cc
レモンの皮のすりおろし・・・1個分
レモン汁・・・1個分
水・・・60cc
薄力粉・・・140g
ベーキングパウダー・・・小さじ1

卵白・・・L5個分
グラニュー糖・・・80g



(前準備)
・小麦粉はベーキングパウダーと合わせ、ふるいにかけておく
・オーブンを170度に温めておく

(作り方)
卵黄とグラニュー糖を泡だて器で、白っぽくもったりとするまでよく混ぜます。

卵黄が黄色から白っぽくなったら、そこへレモンの皮のすりおろし、レモンの絞り汁、

水を混ぜ、ふるった薄力粉を入れて泡だて器で軽く混ぜます。


メレンゲを立てます。軽くほぐした卵白にグラニュー糖を大さじ1杯分入れ、

ハンドミキサーで泡立てます。メレンゲがしっかりと泡だって、ピンと角がたつまで

高速で泡立てます。(メレンゲは泡立てすぎるとたんぱく質と水分が分離して来るので注意します。)

角が立ったら、ミキサーを低速に変え、さらにグラニュー糖を大さじいっぱい分づつ入れ、

そのたびに10秒くらいづつ混ぜます。(砂糖を一気に入れてしまうと泡がへたって

元には戻らなくなります)

最後の砂糖が入ったら、ミキサーを切り、ミキサーの羽を使って手で20回ほど混ぜます。

(ハンドミキサーは高速なので、強で泡立てると大きな泡ばかりが出来てしまいます。

そこで最初は強でドンドン泡立て、最後は弱にして泡を小さい目のそろったものにします。)

できたメレンゲの1/3量を最初に作った卵黄の生地の方へ入れ、ドンドン混ぜます。

卵黄の生地がメレンゲが入って柔らかくなったら、今度はメレンゲの生地が入ったボールへ

卵黄の生地を入れゴムベラで泡を壊さないようにそっと混ぜます。キレイに生地が

均一になったらシフォンケーキの型に流し、170度のオーブンで45分くらい焼きます。

焼けたらケーキを取り出し、ビンの上に逆さまにしてさし、冷まします。
DSCF2639.JPG

これは柔らかいシフォンケーキをへたらしてしまわないためです。しっかり熱が取れたら、

型の回りにナイフを入れ、取り出したらでき上がりです。
DSCF2845.JPG
 
焼きっぱなしのケーキなので、作るのも、食べるのも、気軽でよいですよね。


ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ

recipe_blog_2.gif
ラベル:簡単おやつ
posted by かえっち at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | おやつレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

茄子のタイカレーと、にんじんツナサラダ

今週末はお天気が良くて、気持が良かったですね。布団も干せたし、お洗濯もしっかりできて

気持ちよかった〜!この時期は家にいても、外に出ても、天気が良ければ幸せですね。

夜はふかふかのお布団で眠るのが楽しみです。今、一番の幸せは睡眠かなぁ〜。


今日はいただき物のお野菜があります。有機栽培の葉つきのにんじんと、

北海道のアスパラガス!葉つきにんじんの香りの強い事、アスパラガスの太くて

しっかりした事と言ったら。いつも私が通うスーパーにおいてあるものとはやっぱり違います。

今日はそれをたっぷり使って、いつもどおり野菜たっぷりの夕飯を作りました。

私の大好きなタイカレー。エスニック美味しいですよね。女性の方が好きかな。

辛いけど甘みも旨みもたっぷりあって、食べやすいです。市販のカレーペーストを使えば

簡単なのでおすすめです。

今日の献立です。
DSCF2885.JPG
・鶏肉と茄子のタイカレー
・ゆでアスパラマヨネーズ
・にんじんの葉のかき揚げ
・にんじんのツナサラダ
・パイナップルヨーグルトゼリー

大きなプレートにもりつけてみました。メインが簡単なので、ゼリーも作ります。


・鶏肉と茄子のタイカレー
DSCF2887.JPG

鶏肉を食べやすい大きさに切り、油をひいた鍋で焼きます。表面がこんがりと焼けたら、

そこへ同じく一口大に切ったしいたけ、茄子を入れ炒めます。茄子がしんなりとしてきたら、

市販のグリーンカレーペーストを入れて香りを出します。そこへ水を注ぎ鶏肉が

柔らかくなるまで煮ます。ココナッツミルクを入れ、仕上げにゆでたグリーンピースを

入れたら、醤油、塩で味を調えて出来上がりです。ご飯にかけていただきます。


具は海老や、たけのこ、かぼちゃなんかもとっても合います。辛いのが苦手な方は

カレーペーストを控えめに、ココナッツミルクを多め、かぼちゃを入れると食べやすいです。

カレーペーストは大きめのスーパーで売っています。



・にんじんツナサラダ
DSCF2890.JPG
前にも一度アップしていました。作り方はこちらです。

美味しいにんじんが手に入ったら生で食べないともったいないですよね。

今回はさらにマスタードも加えて作りました。ぱりぱりさわやかで美味しいです。

ツナの油と塩分で作れるので、味付けも簡単です。


ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ

recipe_blog_2.gif
ラベル:洋風料理
posted by かえっち at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 突撃晩御飯 洋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

鮭のフライタルタル添え、厚揚げの塩焼きそば

なんだか寒い日が続いていますね。暖かくなったので衣替えを済ましてしまったせいで、

着る物が少なくて毎日通勤に悩んでいます。こう寒いと素足も無理ですよね。

着る物がないなぁ〜と思うと、つい通販のページをのぞいてしまいます。

パソコンでお買い物ができるなんて、便利な世の中になりました。ネットでお買い物は大好き。

でも支払いは嫌〜い。なのでちょくちょく買わないように気をつけないとね。

私が良くお世話になるのはベルメゾンと、イマージュ・ルージュです。

普段着やパジャマはここので十分だと思っています。



少し前の献立です。
DSCF2846.JPG

・鮭のフライ タルタルソース添え
・厚揚げの塩焼きそば
・大根とわかめのお味噌汁
・白ご飯

今回のフライはお手軽な作り方にしました。

フライって、小麦粉つけて、玉子液をつけてっていうのが面倒じゃありませんか?

玉子液が残るとなんだかもったいないような気持になるし。

なので、串かつ屋さんのように小麦粉を水で溶いたものをくぐらせ、パン粉をつけて

揚げるお手軽バージョンです。もちろん卵を入れたほうが旨みがアップするし、

ちゃんと作るに越した事はないんでしょうけど、しんどい時、面倒なときもありますし、

この作り方もサックサクに揚がってなかなか美味しいです。

作り方は超簡単!


・鮭のフライ
DSCF2848.JPG

生鮭は塩、コショウをして、水でお好み焼きの生地位の濃度に溶いた小麦粉液に

くぐらせます。しっかりとパン粉をつけ、揚げ油でこんがりと揚げます。

サラダの上に盛りつけ、タルタルソース(マヨネーズ、酢、塩、コショウ、

きゅうりの角切り、新玉ねぎの角切り、ゆで卵)をたっぷりとかけます。



・厚揚げの塩焼きそば
DSCF2852.JPG
サイケな彩りになった、塩焼きそばです。

厚揚げは食べやすい大きさに切り、フライパンに油を熱したところにいれ焼き付けます。

鶏がらスープの素を粉のままふり入れ、さらに厚揚げを焼きます。そこへ玉ねぎの細切り、

人参の千切りを入れ火を通します。赤ピーマンと焼きそばを入れたら、塩、

オイスターソース(少し)を入れ、よく焼きます。味が薄ければ塩を、

旨みが足りなければ鶏がらスープの素を足します。

仕上げにニラの切ったものをざっと混ぜ、火を止めたら出来上がりです。

調味料は二人前の焼きそばで、鶏がらスープの素小さじ1と1/2、塩小さじ1/2、

オイスターソース小さじ1くらいの感じです。野菜が少なければ、もっと調味料を減らしても

良いです。



ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ

recipe_blog_2.gif
ラベル:洋風料理
posted by かえっち at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 突撃晩御飯 洋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

手羽元のごま甘辛揚げ

めちゃめちゃご無沙汰してます。ブログを止める気はありません!でも、ここのところ

休みが少なく、プライベートも少し忙しく、ブログを書く余裕がありませんでした。

パソコンを開く時間がない〜!そんな時間があればもうちょっと早く寝たい。

そんな毎日でした。ゴールデンウィークもバタバタと終わってしまい、

ちょっと残念です。

最近、農業をしていたことのある友人が出来ました。野菜の見方が私たち消費者とは違い、

少し面白いです。少し前に冷蔵庫の野菜室にナメクジがいるのを発見!!!

ぎゃーと塩をかけて退治をした話をすると、彼女が言いました。

ナメクジは雨が降ったりすると葉野菜の中に隠れてしまい、見つけることが出来ずに

そのまま出荷してしまう事になるそうです。『でも、ナメクジがいるくらいの方が

農薬の使用量も少なくて安心だよ。』ひゃ〜そうなの?!


少し前の献立です。自分でもお気に入りのおかずが出来ました。
DSCF2666.JPG

・手羽もとのごま甘辛揚げ
・高野豆腐
・玉子入りポテトサラダ(マヨ少なめ)


めずらしくあげ物が食べたくなりました。
DSCF2667.JPG
手羽元肉にかたくり粉をたっぷりとまぶしつけ、油で揚げます。

中までしっかり火が通ったら、醤油、砂糖、水を鍋にかけ、とろりとしてきたらごまをいれ、

そこへからりと揚がった鶏手羽元肉を入れます。衣にごま甘辛あんが絡まったら

出来上がりです。食べるときに七味をふっていただきます。

かなり、美味しいです!下味付けなどもなく、作るのも簡単なのでおすすめです。


ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ

recipe_blog_2.gif
ラベル:和風料理
posted by かえっち at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 突撃晩御飯 和食風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。