2008年08月09日

ピーマンの肉詰めと、にんじんとかぼちゃのバターきんぴら

ハンバーグってずっとめんどくさい料理だと敬遠していました。でも、最近実際やってみると

そうでもないなって。合びきのひき肉は安くなっていることも多いし、

お肉だけでなくいろいろなお野菜を入れても作れるしで、ここのところいろいろなものを

いれて作っています。最近入れてみてヒットだったのがニラ。実家で作ったので

ブログにはのせませんでしたが、なかなか美味しくみんなにほめてもらいました。

それから少しいい気になって、かぼちゃをいれたり、じゃがいもをいれたり、

いろいろなハンバーグを作っています。今日はたくさんピーマンがあり、

ピーマンを刻んで入れようかなと考えていましたが、肉詰めにしたら刻む手間も省けるじゃないの!

ってことでピーマンの肉詰めです。

献立です。
DSCF3303.JPG
・ピーマンの肉詰め
・にんじんとかぼちゃのバターきんぴら
・じゃがいものジェノベーゼ和え

またまたやっぱり野菜だらけの献立になりました。

・ピーマンの肉詰め
DSCF3306.JPG
合いびき肉、たまねぎのみじん切り、しそのみじん切り、卵、片栗粉塩、こしょうで

ハンバーグの種を作り、ピーマンの半割して種をとったものの中につめます。

ピーマンに片栗粉を茶漉しで振りかけておくと、焼いてるときにピーマンとお肉が

はがれてしまうのを防止できます。肉の面から油を引いたフライパンで焼き、

こげ色がついたら裏返してコップに半量の水をいれ、ふたをして蒸し焼きにします。

今夜はさっぱり出来上がりにポン酢をかけていただきます。ケチャップとソースを半々で

混ぜたものを肉詰めを焼いたフライパンにいれ、うまみをこそげ落すと、

子供向けの美味しいソースになりますよ。


・にんじんとかぼちゃのバターきんぴら
DSCF3308.JPG
にんじんは拍子木切りに、かぼちゃはイチョウ型に切ります。少量の油で二つ同時に炒め、

半分くらい火が通ったら酒、塩、醤油(少なめ)を入れてさらに火を通します。

仕上げにバターをひとかけ足し、香りがたつくらい炒めたら出来上がりです。

バターは最初からいれると焦げてしまいます。仕上げに香り付けに加えてください。

にんじんグラッセのような香りと、にんじん、かぼちゃの甘さが美味しいです。

私はこれがかなり好きです。


ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ



recipe_blog_2.gif




タグ:和風料理
posted by かえっち at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 突撃晩御飯 和食風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104119414

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。