2008年05月12日

鮭のフライタルタル添え、厚揚げの塩焼きそば

なんだか寒い日が続いていますね。暖かくなったので衣替えを済ましてしまったせいで、

着る物が少なくて毎日通勤に悩んでいます。こう寒いと素足も無理ですよね。

着る物がないなぁ〜と思うと、つい通販のページをのぞいてしまいます。

パソコンでお買い物ができるなんて、便利な世の中になりました。ネットでお買い物は大好き。

でも支払いは嫌〜い。なのでちょくちょく買わないように気をつけないとね。

私が良くお世話になるのはベルメゾンと、イマージュ・ルージュです。

普段着やパジャマはここので十分だと思っています。



少し前の献立です。
DSCF2846.JPG

・鮭のフライ タルタルソース添え
・厚揚げの塩焼きそば
・大根とわかめのお味噌汁
・白ご飯

今回のフライはお手軽な作り方にしました。

フライって、小麦粉つけて、玉子液をつけてっていうのが面倒じゃありませんか?

玉子液が残るとなんだかもったいないような気持になるし。

なので、串かつ屋さんのように小麦粉を水で溶いたものをくぐらせ、パン粉をつけて

揚げるお手軽バージョンです。もちろん卵を入れたほうが旨みがアップするし、

ちゃんと作るに越した事はないんでしょうけど、しんどい時、面倒なときもありますし、

この作り方もサックサクに揚がってなかなか美味しいです。

作り方は超簡単!


・鮭のフライ
DSCF2848.JPG

生鮭は塩、コショウをして、水でお好み焼きの生地位の濃度に溶いた小麦粉液に

くぐらせます。しっかりとパン粉をつけ、揚げ油でこんがりと揚げます。

サラダの上に盛りつけ、タルタルソース(マヨネーズ、酢、塩、コショウ、

きゅうりの角切り、新玉ねぎの角切り、ゆで卵)をたっぷりとかけます。



・厚揚げの塩焼きそば
DSCF2852.JPG
サイケな彩りになった、塩焼きそばです。

厚揚げは食べやすい大きさに切り、フライパンに油を熱したところにいれ焼き付けます。

鶏がらスープの素を粉のままふり入れ、さらに厚揚げを焼きます。そこへ玉ねぎの細切り、

人参の千切りを入れ火を通します。赤ピーマンと焼きそばを入れたら、塩、

オイスターソース(少し)を入れ、よく焼きます。味が薄ければ塩を、

旨みが足りなければ鶏がらスープの素を足します。

仕上げにニラの切ったものをざっと混ぜ、火を止めたら出来上がりです。

調味料は二人前の焼きそばで、鶏がらスープの素小さじ1と1/2、塩小さじ1/2、

オイスターソース小さじ1くらいの感じです。野菜が少なければ、もっと調味料を減らしても

良いです。



ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ

recipe_blog_2.gif
ラベル:洋風料理
posted by かえっち at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 突撃晩御飯 洋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。