2008年08月24日

おやつレシピ 簡単ホットケーキミックスで作るメープルポテトケーキ

ちょっと涼しくなったらとたんにサツマイモが食べたくなりました。

ちょうど明日のパンもないことだし、ホットケーキミックスが残っているので

これを使ってお菓子をつくりましょう。

ホットケーキミックスってなんとなく手抜きな感じがするのでお菓子作りに使ってみたことは

なかったんですが、主婦になって期間が長くなってきたので、いいじゃん!忙しいし、

簡単に美味しいものを作って何かいけない!?と、考えが変わってきたのもあって、

今回初使用です。さーて、ざくざく量って、ざくざく混ぜてオーブンにほりこみましょう!

バターもなし、生クリームも使用しないので、お財布にもやさしいです。

DSCF3530.JPG

(材料)
さつまいも・・・250g
ホットケーキミックス・・・200g
砂糖・・・100g
卵・・・2ヶ
サラダ油・・・50cc
牛乳・・・150cc
メープルシロップ・・・大さじ2(あれば)

(前準備)
・オーブンの鉄板に大きさをあわせてクッキングペーパーを切り、張っておく
・さつまいもの皮をむき、ラップをしてレンジにかけ、熱いうちに粗く泡だて器でつぶしておく
・オーブンを190度に余熱する

(作り方)
1.ボールに卵を割り、砂糖を入れ、泡だて器で混ぜます。牛乳、サラダ油も混ぜ、

ホットケーキミックスも入れて均一になるまで混ぜます。

2.つぶしたさつまいもを、1の生地に入れざっくり混ぜます。完全な均一にならなくてもいいですが、

あまり大きなさつまいもが残っていないように。

3.ペーパをひいた鉄板に生地を流し、ヘラやカードで生地が均一な暑さになるように

ならします。

4.メープルシロップか、ホットケーキシロップを、生地の上から筋状に細くたらします。

なければ、グラニュー糖を薄く生地全体にかけると少し感じは違いますが

カリカリになって美味しいです。

5.190度に余熱をしたオーブンで20分から25分焼きます。生地の厚さによって

焼き時間が変わってきます。表面が狐色になったら、生地の真ん中を少し指で押してみて

弾力が出ていたら焼き上がりです。

DSCF3525.JPG

スティックケーキみたいに切ろうと思っていたのですが、鉄板が生地に比べて

大きかったみたいで、思ったより薄いケーキになってしまいました。

なので、もう少し大きめに切りそろえて。

DSCF3532.JPG

スイートポテトと、バターケーキの間くらいの感じの食感で、なかなか食べ応えがあります。

めっちゃたくさんできてしまった!これからしばらく朝ごはんはこれです。

DSCF3535.JPG


ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ



recipe_blog_2.gif


ラベル:簡単おやつ
posted by かえっち at 15:37| Comment(3) | TrackBack(0) | おやつレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

ひさびさのおやつレシピ ほろほろスノーボール

タイトル通りめっちゃ久しぶりのおやつ作りです。お菓子作りって、気持ちに余裕が

あるときしか、なかなか作ろうと思えないんですよね。今日はお盆休みだし、

次の日に友人が遊びに来てくれるしってことで、楽しみながらのお菓子作りです。

友人は子連れで来てくれるんですが、その子供さんが柔らかいものが苦手と言うことで

いろいろ考えた結果、このクッキーを作ることにしました。ほろほろと崩れるような

柔らかな食感、中のアーモンドのカリカリとした歯ざわり、やさしい甘さに

紛糖の冷たいような舌触り。美味しいんだけど、買うと高いんですよね。

簡単なのに、周りの人に驚かれること間違いなしのこのクッキー。今日のおやつに

いかがでしょうか?
DSCF3455.JPG

(材料:25個分〜30個分)
バター・・・100g
粉砂糖・・・36g
アーモンドパウダー・・・80g
薄力粉・・・50g
コーンスターチ・・・50g
アーモンドダイス・・・大さじ6
飾り用の粉砂糖・・・大さじ3くらい


(作り方)
1.オーブンを160度に余熱をしておきます。

2.粉砂糖と、アーモンドパウダー、薄力粉、コーンスターチを量り、ふるってひとつのボールに入れる。

3.粉類が入ったボールに冷蔵庫から出したばかりのバターを入れ、カードか、

スケッパーで切るようにバターを細かくしていく。バターが粉の中で1センチ以下になったら

手でひねるようにしてつぶしながら、粉をまぶしていく。この作業を続けていくと、

バターが小さくつぶれサラサラの砂状になる。〈この作業をフランス菓子ではサブラージュといいます)

その中にアーモンドダイスを入れ、こねないようにギュぎゅっと上から押さえるようにして

一つにまとめていきます。

4.ひとつにまとまった生地を25〜30等分した量を丸めていく。今回は半分を

丸く、残りを三日月型に成型しました。

5.クッキングシートを引いた鉄板の上にのせ、160度に余熱したオーブンで

20分焼きます。表面が薄い狐色になったらOKです。
DSCF3457.JPG

6.網にのせて冷まし、冷めたら飾り用の粉砂糖をまぶして出来上がりです。

DSCF3462.JPG

焼きたての温かいうちはとても崩れやすいので要注意です。しっかり冷まして

やさしく粉砂糖をまぶしつけてくださいね。

紅茶に合うやさしい味です。簡単なのに美味しいからリピート間違いなしかも。

ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ



recipe_blog_2.gif

ラベル:簡単おやつ
posted by かえっち at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | おやつレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

朝ごはんに焼きフレンチトースト

関西にじめっと暑い夏がやってきました。我が家は駅から20分ほどあるいた場所に

あるのですが、歩いて駅まで行くと汗びっしょり、ふらふらするほどです。

前に勤めていた会社もクーラーの効きが悪く汗をかきかき仕事をしていたのですが、

今度の職場もやっぱり暑く、私は冷房病とは縁がなさそうです。

あまりに暑くてついつい、水分を取りすぎて夏ばてをしないように気をつけなくては!

夏ばては水分の取りすぎで、体のミネラルバランスが崩れることが原因になるらしいので、

水分の取りすぎに注意ですね。

少し前の朝ごはんです。

DSCF3231.JPG

朝から時間があったので焼きフレンチトーストを作りました。

この日のメニュー。
・焼きフレンチトースト
・マカロニのミートソース和え
・グレープフルーツ

夫には多いと怒られました。


・焼きフレンチトースト

材量(二人分)

6枚切りの食パン・・・2枚
卵・・・2個
牛乳・・・カップ1と1/2
ラム酒・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ2
蜂蜜・・・適量


(作り方)
食パンはころころのサイコロ型に切ります。

卵、牛乳、砂糖、ラム酒を合わせたものにつけておき、全面がよく卵液を吸うように

混ぜます。

耐熱容器にパンを入れ、オーブントースターで焦がさないように10分くらい焼きます。

そのまましばらくトースターに入れておき、余熱で中まで火を通します。

出来上がりに蜂蜜をたっぷりかけてできあがりです。


DSCF3233.JPG


ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ



recipe_blog_2.gif
ラベル:簡単おやつ
posted by かえっち at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | おやつレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

レモンシフォンケーキと、レシピブログ

今日はきゃ〜〜な出来事がありました。私がブログを登録しているレシピブログさんに

今日の一押しブログとして、トップページにご紹介いただいたんです。

メッチャうれしい!記念に写真を撮りました。
DSCF2907.JPG

アクセスも一気に増えて、びっくりです。レシピブログさん、どうもありがとうございました。

あー、ホントのせてもらえるのがわかっていたらもっと内容のある記事を書いとけば良かったなぁ。

なんて考えたりして。でもまあ、たくさんの方にのぞいてもらえたのはすごくうれしいことだし、

一年弱続けて少しマンネリ化していたブログ書きも、また張り合いを持って楽しく

続けれそうです。のぞいてくださった方もどうもありがとうございます。




今日は少し前に作ったレモンを丸ごと一つ入れたシフォンケーキを紹介します。

レモンはうちの実家でなった物で、庭で出来たので無農薬です。安心して皮まで使えます。

卵も全卵使用なので、無駄なしです。しっとりと食べやすいのでクリームなしで

朝ご飯なんかに出しても好評ですよ。


・レモンシフォンケーキ
DSCF2840.JPG


(21センチのシフォン型一つ分)


卵黄・・・L5個分
グラニュー糖・・・40g

サラダ油・・・60cc
レモンの皮のすりおろし・・・1個分
レモン汁・・・1個分
水・・・60cc
薄力粉・・・140g
ベーキングパウダー・・・小さじ1

卵白・・・L5個分
グラニュー糖・・・80g



(前準備)
・小麦粉はベーキングパウダーと合わせ、ふるいにかけておく
・オーブンを170度に温めておく

(作り方)
卵黄とグラニュー糖を泡だて器で、白っぽくもったりとするまでよく混ぜます。

卵黄が黄色から白っぽくなったら、そこへレモンの皮のすりおろし、レモンの絞り汁、

水を混ぜ、ふるった薄力粉を入れて泡だて器で軽く混ぜます。


メレンゲを立てます。軽くほぐした卵白にグラニュー糖を大さじ1杯分入れ、

ハンドミキサーで泡立てます。メレンゲがしっかりと泡だって、ピンと角がたつまで

高速で泡立てます。(メレンゲは泡立てすぎるとたんぱく質と水分が分離して来るので注意します。)

角が立ったら、ミキサーを低速に変え、さらにグラニュー糖を大さじいっぱい分づつ入れ、

そのたびに10秒くらいづつ混ぜます。(砂糖を一気に入れてしまうと泡がへたって

元には戻らなくなります)

最後の砂糖が入ったら、ミキサーを切り、ミキサーの羽を使って手で20回ほど混ぜます。

(ハンドミキサーは高速なので、強で泡立てると大きな泡ばかりが出来てしまいます。

そこで最初は強でドンドン泡立て、最後は弱にして泡を小さい目のそろったものにします。)

できたメレンゲの1/3量を最初に作った卵黄の生地の方へ入れ、ドンドン混ぜます。

卵黄の生地がメレンゲが入って柔らかくなったら、今度はメレンゲの生地が入ったボールへ

卵黄の生地を入れゴムベラで泡を壊さないようにそっと混ぜます。キレイに生地が

均一になったらシフォンケーキの型に流し、170度のオーブンで45分くらい焼きます。

焼けたらケーキを取り出し、ビンの上に逆さまにしてさし、冷まします。
DSCF2639.JPG

これは柔らかいシフォンケーキをへたらしてしまわないためです。しっかり熱が取れたら、

型の回りにナイフを入れ、取り出したらでき上がりです。
DSCF2845.JPG
 
焼きっぱなしのケーキなので、作るのも、食べるのも、気軽でよいですよね。


ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ

recipe_blog_2.gif
ラベル:簡単おやつ
posted by かえっち at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | おやつレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

バナナのシフォンケーキ

ひっさびさにお菓子を作りました。転職活動中は時間があるのに心の余裕がなく、

仕事をはじめてからは時間も心ももっと余裕なくお菓子を作る気にはなかなか

なれませんでした。まだまだ心の余裕があると言うところまでは行きませんが、

時間の配分が決まってできる事、出来ないことがはっきりしてきたので

めずらしくお菓子を作る事にしました。黒くなったバナナを使ってひさびさの

シフォンケーキです。

実は私、もともとあまりシフォンケーキを得意としていませんでした。思ったほど

膨らまない事に泣かされてきたのです。

製菓の学校を出てからはフランス菓子の魅力に取り付かれ、アメリカンケーキである

シフォンケーキには見向きもしませんでした。

ところが最近年齢のせいか、柔らかい味の物もしみじみ美味しいなぁ〜と感じることが多く、

ひさびさにシフォンケーキに挑戦です。
DSCF2640.JPG



レシピはネットから拝借したので載せる事ができません。またアレンジをして

違うケーキのレシピに変身させてブログに載せたいと思います。

DSCF2643.JPG

やっぱりやさしい味で美味しいですね。時間がたってもなかなか固くならないし、

クリームなしで食べてもしっとり食べやすい。夫が喜んで食べるので朝ご飯にも良いなと

思いました。焼きっぱなしの簡単ケーキなところも良いですね。

子供の頃にコーヒーの英国館にある憧れのでっかいケーキだったことを思い出しました。


焼きたてはこんな感じ。熱を取っている様子です。
DSCF2639.JPG

また作りたいと思います。


ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ

recipe_blog_2.gif

ラベル:簡単おやつ
posted by かえっち at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | おやつレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

キャラメリゼ・ホットケーキ

昨日はパンがなかったのでホットケーキを焼きました。ホットケーキは蜂蜜と

バターで食べると美味しいですね。でも、ちょうど蜂蜜がなく、ジャムをつけて食べるのも

気分ではなかったので、ホットケーキをクリームブリュレの表面のように

お砂糖を使ってカリカリにしてみました。

DSCF2432.JPG

(18センチのホットケーキ6枚)
卵・・・L2個
牛乳・・・200cc
グラニュー糖・・・大さじ3
薄力粉・・・180g
溶かしバター・・・30g

 キャラメリゼ用
グラニュー糖・・・大さじ6


(前準備)
・小麦粉はふるいにかけておく

(作り方)
ほぐした卵、牛乳、溶かしバター、砂糖を良く混ぜ、そこへふるった小麦粉を

入れて泡だて器でダマがなくなるまで混ぜます。

小さめのフライパンに薄く油をひき、お玉いっぱいづつ弱火で焼きます。

全部焼けたら、同じフライパンを熱し、グラニュー糖大さじ1を薄く均一にフライパンにまきます。

砂糖の一部が溶けて、砂糖が色づきはじめたら、焼いたホットケーキを入れ、

そのまま30秒ほど中火で焼きます。砂糖が全部溶ける前に入れたほうがカリカリ、

ざりざりの食感が残ります。焼けたらお皿にかえして出来上がりです。

一枚づつ同じようにカリカリのキャラメリゼにしていきます。お砂糖は溶けてしまうので

キャラメリゼをつけてからの保存は出来ません。その日のうちに食べてくださいね。


DSCF2434.JPG

レシピブログ「朝ごはんレシピ♪」参加中!

カリカリの表面が美味しいですよ。



ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ

recipe_blog_2.gif
ラベル:簡単おやつ
posted by かえっち at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | おやつレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

シリアルクッキーと、フルーチェディップ

年末にレシピブログで当選したハウス食品さんのフルーチェと、ケロッグさんの

玄米フレークを使った簡単なおやつを作りました。もちろん朝ご飯にもいいです。

フルーチェは果物に含まれるペクチン(ジャムがどろりとなる成分)と牛乳のカルシウムが

反応して固まります。なので牛乳よりカルシウムが少ない豆乳では固まりませんでした。

でも味はとってもよかったですよ。豆乳と混ぜると少〜しトロッとします。

今回は玄米フレークを卵白で作ったメレンゲと合わせて、軽いサクサクとした

クッキーを作りました。もちろんそれだけで食べてもOK。なんですが、せっかくなので

フルーチェをディップのようにつけて食べましょう。

おしゃれな一品に代わりますよ。

DSCF2177.JPG


(クッキー9枚分)
卵白・・・1個分
グラニュー糖・・・30g
玄米フレーク・・・70g

フルーチェ・・・1/2袋
牛乳・・・100cc

(前準備)
・鉄板にペーパーをひいておく
・オーブンを150度に予熱しておく


まずはメレンゲを作ります。卵白を泡だて器でほぐし、グラニュー糖の4/1くらいの量を

入れて良く泡立てます。泡だて器の先のメレンゲがピンと角が立つくらいまで

しっかりと泡立てます。(泡立てすぎると分離して、背の高い角が立たなくなるので注意)

しっかりとあわ立ったら、残りのグラニュー糖を大さじ1くらいづつ加えては

20回ほど泡立て、というのを繰り返して行きます。卵白に一気にお砂糖を入れてしまうと

どれだけ混ぜても角が立たなくなります。

最後のグラニュー糖が入ったら、つやのあるメレンゲになるまで立ててメレンゲの出来上がりです。

メレンゲの中に、玄米フレークを入れスプーンで満遍なく混ぜます。

だいたい混ざったら、9等分し、紙をしいた鉄板にスプーンで丸くのせます。

それを予熱をしたオーブンで150度、25分ほど焼けば出来上がりです。

焼きたては熱と水分を含んでクッキーが少し柔らかいので、しばらく風通しの良い場所に

おいて荒熱を取ります。

フルーチェは牛乳と混ぜ、クッキーに添えて出来上がりです。

DSCF2181.JPG

フルーチェでクッキーが湿気る前の食べたほうが美味しいですよ。

DSCF2182.JPG


シリアル&フルーチェレシピ参加中!





ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ

recipe_blog_2.gif
ラベル:簡単おやつ
posted by かえっち at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | おやつレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

黒豆のパウンドケーキ

めちゃめちゃ久しぶりにお菓子を作りました。

ここのところ仕事を辞める事になり、年内は仕事に行きながら

家事、求職活動をしていたのでかなり忙しかったのと、精神的に時間があっても

なかなかお菓子を作る気持にならなくて。やっぱり料理をするうえでも、

気持っていうか精神状態って大事なんですね。

今もまだ次に仕事は決まっていませんが、毎日家でのんびり出来るのと、

御節の残りがもったいないと言う気持もあって、おせち料理の残りを入れた黒豆ケーキを

作ってみました。今日は突然作る気になったので、バターがなく、安い植物性の

生クリームを使って簡単ケーキです。

・黒豆のパウンドケーキ
DSCF2136.JPG

(18センチのパウンド型一本分)
卵・・・L2個
グラニュー糖・・・100g
植物性生クリーム・・・1パック(200cc)
薄力粉・・・120g
ベーキングパウダー・・・小さじ1/2
黒豆・・・適量


(前準備)
・型にクッキングシートを貼り付けておく
・オーブンを予熱(180度)にしておく
・卵を室温に戻しておく
・小麦粉とベーキングパウダーを量り、一緒にふるいにかけておく
・黒豆はざるにあけて水気を切っておく

(作り方)
卵をボールで割りほぐし、グラニュー糖を全量いれて、泡だて器でよく底から混ぜながら、

人肌になるまで湯煎にかけます。温まったら、湯煎からはずしハンドミキサーの高速で

泡立てます。生地がもったりとした状態になったらミキサーを低速にし、

全体をもう一分だけ泡立てます。(高速で立てた泡は気泡が大きく、へたりやすいので、

低速で気泡を小さめにそろえます)

そこへ生クリームを混ぜながら少しづつ入れていきます。生クリームがすべて生地に入ったら、

粉類を少しづつふるい入れます。生地の水分量が多いので粉類とまぜるのが難しいので、

ゴムベラで切るように混ぜながら、しつこいくらい混ぜてください。粉けがなくなるまで

良く混ぜましょう。そこへ分量外の小麦粉をまぶした黒豆を入れ、軽く合わせます。

紙を引いた型に流し、180度に予熱をしたオーブンで50分くらい焼きます。


あまり膨らみませんが水分が多いのでしっとりとしたケーキになります。

黒豆のやさしい味が、ケーキの甘さと一緒になって食べやすいケーキです。



ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ

recipe_blog_2.gif
ラベル:簡単おやつ
posted by かえっち at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おやつレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

簡単おやつ 胡桃とチョコのマーブルケーキ

レシピブログの企画、HEASHEY’Sのチョコレートシロップを使った簡単おやつです。

前回はトロリとしたフレンチトーストにたっぷりとかけてみたんですが、

今回はケーキに混ぜこんで焼きます。

・胡桃とチョコのマーブルケーキ
DSCF1430.JPG

生地の中に混ぜ込んだチョコレートシロップがしっとりとして、胡桃との

食感が楽しく、美味しいです。表面に流したシロップは焼くとカリカリになりますよ。

今回もシュガーバッター法で作りました。卵が多いので生地が少し分離しやすいかもしれません。

その場合は遠慮せずにつなぎに薄力粉をドバッと入れてください。

チョコレートシロップがない場合は、チョコレート50gに牛乳を大さじ2杯を加えて、

レンジにかけて溶かします。それをチョコレートシロップの代わりに使用してください。

もっと濃厚なチョコレートマーブルケーキになりますよ。



(18センチのパウンド型一本分)
卵・・・L3個
グラニュー糖・・・140g
無塩バター・・・140g
薄力粉・・・180g
ベーキングパウダー・・・小さじ1/2
くるみ・・・50g
HEASHEY’Sチョコレートシロップ・・・大さじ3


(前準備)
・型にクッキングシートを貼り付けておく
・バターを室温に戻しておく(夏場1時間、冬場3時間以上)
・オーブンを予熱(180度)にしておく
・卵を室温に戻しておく
・小麦粉とベーキングパウダーを量り、一緒にふるいにかけておく
・くるみはきざんでおく


(作り方)
・やわらかくなったバターを木ベラで練ってポマード状にし、グラニュー糖を

入れ、木ベラでボールに打ちつけるように空気を含ませていきます。白っぽく

もったりした状態になればOKです。そこへ溶き卵を大さじ二杯くらいづつ入れては

よく混ぜ、入れてはまたよく混ぜるを繰り返します。
(卵が冷たいとバターが固まり分離します)

*途中で分離をしてきたら粉の一部をどさっといれ、つなぎにします。

卵が全部入ったらゴムベラに持ち変え、粉類の合わせたものを一気にいれ、混ぜます。

粉けがまだ残った状態で、胡桃を入れます。

*混ぜすぎたり練ったりすると生地が硬くなり、まぜが足りないと粉がダマになって

残ります。全部混ざったかな?と思ってからさらに5〜6回混ぜるといい感じです。

粉けがなくなりきれいに混ざったら、HEASHEY’S チョコレートシロップを入れ、

ボールの底から2回ほど生地混ぜ、ペーパーを貼り付けた型に入れます。

*ボールの中で綺麗なマーブル状にしてはいけません。あくまでざっくり。

真ん中をへっこます様に入れ、表面に線状にHEASHEY’S チョコレートシロップを

流します。予熱をしておいた180度のオーブンで50分焼きます。 
DSCF1427.JPG


もしカフェでだしてもらえるなら、温かいのと冷たいのが選べるといいなぁ。

温かいのはレンジで温めて、アイスクリームを添えます。冷たいのは常温のケーキに

生クリームを添えます。もちろん、その上からたっぷりのHEASHEY’S 

チョコレートシロップですね。
DSCF1431.JPG




ハーシーチョコレートシロップを使ったカフェメニュー候補、参加中♪

ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ

recipe_blog_2.gif




ラベル:簡単おやつ
posted by かえっち at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | おやつレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

簡単おやつ チョコバナナフレンチトースト 

またまたレシピブログの企画、レシピモニターに当選しました。

今回はHEASHEY’S チョコレートシロップです!HEASHEY’Sと言えば

キスチョコ!あのスライムのような形、濃厚なナッツのような香りがするチョコレート。

子供の頃に食べたあの濃厚な味に、外国を感じたものでした。

そのHEASHEY’Sのチョコレートシロップです。
DSCF1417.JPG

なめてみると、甘みはしっかりあるけれどクセのない感じです。使いやすそう。

たくさんの人が思いつくイメージではあると思ったのですが、一番に思いついた

フレンチトーストに合わせてみる事にしました。


・HEASHEY’Sのチョコバナナフレンチトーストタワー
DSCF1423.JPG


(二人分)

食パン・・・4枚切りで2枚
卵・・・1個
牛乳・・・200cc
グラニュー糖・・・大さじ1
サラダ油・・・小さじ1
バター・・・5g

(キャラメルバナナ用)
バナナ・・・1本
グラニュー糖・・・大さじ1
バター・・・5g

(飾り用)
粉糖・・・適量
ミント・・・あれば
HEASHEY’Sチョコレートシロップ・・・適量

(作り方)
食パンは耳を切り落として、1枚を9個に切り分けます。牛乳と卵、グラニュー糖を

よく混ぜて、食パンを1時間ほど漬けておきます。


その間にキャラメルバナナを作ります。バナナは輪切りにします。フライパンに

グラニュー糖を薄くまき、火にかけます。かき混ぜずに全体が溶けてくるのを待ち、

焦げ色がついたらバターをいれ、ひと混ぜしたらバナナを入れます。

バナナがトロリとしたらキャラメルバナナの完成です。


食パンがすっかり卵液を吸ったら、バターとサラダ油を入れたフライパンで焼きます。

食パンの全部の面をどんどん裏返しながら、焼いていきます。全体的にこんがりとした

焼き色がついたら出来上がりです。


フレンチトースト、キャラメルバナナを盛り付け、粉砂糖を振ります。

上からHEASHEY’Sチョコレートシロップを線状にかけ、ミントを飾ります。
DSCF1420.JPG

もしお店で作るなら、私だったらフレンチトーストは仕込みとして大量にオーブンで

焼くかもしれません。な〜んて、たまにお店をやるならってシュミレーションしたりも

楽しいですね。




ハーシーチョコレートシロップを使ったカフェメニュー候補、参加中♪

ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ

recipe_blog_2.gif



ラベル:簡単おやつ
posted by かえっち at 00:25| Comment(2) | TrackBack(1) | おやつレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

簡単おやつ ベイクドチーズケーキ

ベイクドチーズケーキです。

本当はニューヨークスタイルのチーズケーキが作りたかったのですが、

材料が足りないことがわかり、断念しました。

特徴としてはNYチーズケーキはヨーグルトやサワークリームが入ることが多く、

チーズの量も多め、スフレタイプのチーズケーキは卵が多く、チーズは少なめ、

クリームチーズだけでなく、普通のプロセスチーズで作るレシピのものも多そうです。

その間にあるのがベイクドチーズケーキ、チーズの量もそこそこで、生クリームが入り、

重すぎず軽すぎずの食感で、作りやすいのも特徴でしょうか。

今日はそのベイクドタイプのチーズケーキを作りました。


今日のチーズケーキの出来上がりはこんな感じです。
DSCF1269.JPG

(18センチの丸のセルクル型一つ分)丸のケーキ型でもできます。

クリームチーズ・・・200g
生クリーム・・・200cc
卵・・・2個
グラニュー糖・・・80g
薄力粉・・・大さじ3
レモン汁・・・1/2個分

 下の台
パートシュクレ・・・100g(ぶどうのクラフティで使用したもの)


(前準備)
・クリームチーズをレンジに30秒ほどかけ、やわらかくして泡だて器で練っておく
・オーブンを予熱(180度)にしておく
・小麦粉とふるっておく
・レモンを絞っておく


 作り方
クッキングシートの上で、パートシュクレを強力粉を打ち粉として伸ばし、

型で抜いておきます。こんな感じ↓
DSCF1267.JPG

生地を伸ばすときは中心から上、中心から下へと麺棒を動かし、上下が伸びたら、

裏返して今度は中心から右、中心から左と伸ばします。これを繰り替えして、

生地を均一な厚さまでもっていきます。

抜いた生地を180度のオーブンで15分ほど空焼きします。


その間に、やわらかくしたクリームチーズを大き目のボールに入れ、その中へ砂糖、

卵、生クリーム、レモン汁、を順番に一つずつ泡だて器でよく混ぜながら入れていきます。

綺麗に混ざったら、薄力粉をいれ、ダマがなくなるまでしっかり混ぜます。


空焼きが終わった生地の上に、チーズケーキの生地を流し、170度で、

40分ほど焼き、表面を触ってみて弾力がある状態だったら完成です。

熱が取れると、焼き上がりの状態から少し生地が沈みますが、それで大丈夫です。

DSCF1268.JPG

温かいとふわふわの感じが強いですが、しっかり冷やすと生地がしまってこれぞチーズケーキと

いうどっしりとした食感になります。切るのは冷えてからのほうが簡単です。


イチゴジャムを添えて食べてみましたが、なくてもいいかな。
DSCF1270.JPG

簡単で失敗もないので、お土産にいいです。



ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村 料理ブログへ

recipe_blog_2.gif

ラベル:簡単おやつ
posted by かえっち at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | おやつレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

おやつレシピ かぼちゃプリン

10月も半ばになってきました。ハロウィンが近づいて来ましたね。ハロウィンといえばかぼちゃ。

黄色のきれいなかぼちゃプリンです。

かぼちゃは女性の好きな食べ物で、料理にしてよし、お菓子にしてよし、

もちろん私も大好きです。カロテンを多く含み(私が学生のころは

カロチンと呼びました。いつの間にか呼び方が変わっていてびっくり)、

抗酸化作用や、粘膜を丈夫にする作用がありますよ。

プリンにするのは日本かぼちゃではなく、西洋かぼちゃを使ってください。

DSCF0903.JPG


(ココット6個分)
かぼちゃ・・・皮を含めて300g
卵・・2個
グラニュー糖・・・50〜60g(かぼちゃの甘さによって)
牛乳・・・100cc
生クリーム・・・100cc
バニラビーンズ・・・1/3本

カラメル用
 グラニュー糖・・・100g
 水・・・大さじ2

(前準備)
・かぼちゃはレンジにかけ、皮を取って裏ごしておく
・オーブンを予熱(170度)しておく

鍋を熱し、グラニュー糖をなべ底に少しづつ撒くように入れます。熱で

グラニュー糖がとけた上にさらに少しづつ撒きます。(絶対に箸などで

混ぜてはいけません。砂糖が結晶化して溶けなくなります。)

全部、グラニュー糖が溶けて、色がつき煙がではじめたら火を止めて、

やけどに気をつけながら水を入れます。鍋を回して均一にし、型の底に

ひいておきます。

卵をときほぐし、グラニュー糖、牛乳、生クリームと混ぜます。裏ごしを

したかぼちゃに卵液を少しづつ加え、泡だて器で空気を含ませないように

混ぜます。カラメルを入れた型にそっと卵液を流し、予熱していたオーブンで

20〜25分ほど湯煎焼きにします。

DSCF0905.JPG

温かいと甘みを感じにくいので、冷やして食べたほうが美味しいです。

ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村 料理ブログへ

recipe_blog_2.gif

 
ラベル:簡単おやつ
posted by かえっち at 11:46| Comment(2) | TrackBack(0) | おやつレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

簡単おやつ ホテルのレシピでスイートポテト

私は仕事をしながら、夜間の製菓学校に通っていたことがあるのですが、

そのときの恩師のレシピをアレンジしたものです。

その先生はもとはホテルの製菓長をされてた方で、メッチャめちゃ怖いちょいワル親父系の

パティシエさんでした。普段は面白いおっちゃんなんですが、食べ物を触りだすととたんに豹変、

ホントに厳しい先生で。でも、そのおかげで本当にみんなお菓子がちゃんと自分で

作れるようになったし、自分でどんどん作業を進めていくということを教えてもらったと思ってます。

現場ではオロオロ、びくびくしてる暇なんてないんですよね。現場の厳しさもほんの少し

教えてもらったんじゃないかな。

このレシピのベースはその先生がホテルでだしていたスイートポテトのレシピを少し

アレンジしたものです。今でもそのホテルでは、スイートポテトをグラム売りで売っています。

引き出物としても人気があるらしくとっても美味しいです。

今日は見た目も少しホテルっぽくしてみました。

もちろん、そのままスプーンなどでならして皮に詰めてもいいですよ。

今日のはものすごく大きなさつま芋を使ったのですが、小さいものでもいいです。

DSCF1178.JPG

・SWEET POTATO
(10人分くらい)

さつま芋・・・700グラム
グラニュー糖・・・90g(芋の甘みによって変わります)
牛乳・・・100cc
無塩バター・・・100g
卵・・・2個

卵・・・1個(ドリュール用)

(前準備)
・さつま芋は皮をきれいに洗い、アルミホイルに包んでオーブンで50分ほど焼く
 (大きいものの場合は縦半分に切って焼いてください)
 
 作り方
1.さつま芋は焼けたものを皮を傷つけないように、スプーンで実を取り出し、裏ごしをします。
(芋が温かいうちに裏ごしてください。練らないように。)

2.鍋にさつま芋の裏ごし、グラニュー糖、バターを入れ、火にかけます。

木ベラで混ぜながらバターを溶かし、バターが溶けたら一度味を見て甘みが少ないようなら、

グラニュー糖を足してください。

3.そこへ卵を二つと、牛乳を入れ、混ぜます。そこからは火にかけながら生地を練っていきます。

最初はシャバシャバだった生地が、シュークリームの生地のようにひとまとまりになったら、

ボールに移し冷まします。

4.触れるくらいの温度になったら、搾り出し袋に星型の口金をセットして生地を詰め、

さつま芋の元の皮に搾り出します。

5.ドリュール用の卵を溶き、塩を一つまみ入れて、ハケで塗ります。このときせっかく絞りだした

ラインをハケでつぶしてしまわない用に注意してください。トントンと押さえつけないように

塗ります。

6.200度のオーブンで10分焼いて、焼き色をつけて完成です。
DSCF1180.JPG

元のレシピはもっと味が濃厚で卵→卵黄のみだったり、牛乳→生クリームだったり、

もう少しバターが多かったりします。

ご家庭で作りやすいようにと、少しカロリーダウンするようにアレンジしています。

めんどくさいなという方は、裏ごしなし!で作ってもそれはそれで美味しいと思います。

その場合はさつま芋をフォークでつぶして、他の材料と混ぜてください。

DSCF1181.JPG


DSCF1184.JPG

切ったらこんな感じです。↑

DSCF1177.JPG

こういう風に皮じゃなくて、お皿に絞っても上品な感じです。



ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村 料理ブログへ

recipe_blog_2.gif




ラベル:簡単おやつ
posted by かえっち at 11:15| Comment(2) | TrackBack(0) | おやつレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

おやつレシピ 栗のほっくりパウンドケーキ

栗の渋皮煮を使ってバターケーキを作りました。

コクを出すために三温糖、アーモンドパウダーを使用しています。

生地の作り方はフラワーバッター法といって、粉類(小麦粉)を油脂類(バター)と

練り合わせて、粉に油脂をコーティングする作り方です。食感はもっちりとして

口の中でほろりと崩れるような感じになります。これに対してレモンケーキで作り方を説明した

シュガーバッター法はもろくてしっとりとした食感になります。

DSCF1124.JPG

(18センチのケーキ型1つ分)

卵・・・Lサイズ3個
バター・・・150g
薄力粉・・・130g
三温糖・・・120g
アーモンドパウダー・・・40g
ベーキングパウダー・・・3g
ラム酒・・・大さじ1
栗の渋皮煮・・・200g(味は変わりますが甘露煮でもかまいません)


(前準備)
・型の底に丸く切ったベーキングシートを貼り付けておく
・バターを室温に戻しておく(夏場1時間、冬場3時間以上)
・オーブンを予熱(180度)にしておく
・小麦粉とベーキングパウダーを量り、一緒にふるいにかけておく
・栗をきざんでおく(大きめ)


 作り方
バターをゴムベラで練り、小麦粉とべーキングパウダーの合わせたもの、アーモンドパウダーと

合わせて、最初は切るように、混ざってきたら均一になるように練り合わせておきます。(生地@)

卵をボールで割りほぐし、三温糖を全量いれて、泡だて器でよく底から混ぜながら、

人肌になるまで湯煎にかけます。温まったら、湯煎からはずしハンドミキサーの高速で

泡立てます。生地がもったりとしてこういう状態↓になったらミキサーを低速にし、
DSCF1119.JPG
全体をもう一分だけ泡立てます。(高速で立てた泡は気泡が大きく、へたりやすいので、

低速で気泡を小さめにそろえます)(生地A)

生地@の中に生地Aを1/4量ほどいれ、泡がつぶれてもよいのできれいに混ぜます。

残りの生地Aを3回にわけ、気泡をつぶさないようにゴムベラで切るように生地@と合わせます。

完全に混ざる前に、ラム酒と刻んだ栗を入れ、均一な状態までゴムベラで混ぜます。

ペーパーをひいた型に流しいれ、180度に予熱したオーブンで40分焼きます。

中心へ小さめのナイフを差し入れ、刃に生地がついてこなければ焼き上がりです。

DSCF1120.JPG
焼き上がりはこんな感じ↑

DSCF1122.JPG

ラム酒の香りがほんのりとして、生地のしっとり感と栗のほっくりした食感、

やさしい甘みが美味しいケーキになりました。秋の味覚が楽しめるお菓子です。

お子さんが召し上がる場合はラム酒を抜いてもかまいませんよ。




ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村 料理ブログへ

recipe_blog_2.gif








ラベル:簡単おやつ
posted by かえっち at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | おやつレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

おやつレシピ ぶどうのクラフティー

普段のおやつにもうひと踏ん張りすればできるクラフティーです。

プリンのようなやわらかい生地を、フルーツとともに焼きこんだお菓子で

カップやお皿につめて焼くとフラン、タルト生地に入れて焼くと

クラフティーと呼ばれるようです。

缶詰のチェリーや、桃、洋ナシや、オレンジなどでも美味しいです。

今回はもらい物の種無しぶどうを使いました。ベリーAのような粒の

大きなものです。ぶどうで作ると皮の周りの一番味の濃い部分が一緒に

味わえてとても美味しいです。

DSCF0909.JPG

(前準備)
・バターを室温にする(夏場は1時間、冬場は3時間以上出しておく)
・型に溶かしバターまたは、サラダ油をを塗っておく
・小麦粉〈タルト用)はふるいにかけておく

(18センチのタルト型1台分)
タルト台(パートシュクレ)
 薄力粉・・・250g
 グラニュー糖・・・70g
 バター・・・150g
 卵・・・Mサイズ1個

アパレイユ
 卵・・・1個
 グラニュー糖・・・30g
 小麦粉・・・5g
 生クリーム・・・100cc
 牛乳・・・大さじ2
 
  
タルト台を作る
 バターをボールにいれ、そこへグラニュー糖をいれ、泡だて器ですり

 混ぜます。卵を加え、きれいに混ざったら、ふるっておいた薄力粉を一気に

 入れ、ゴムベラで切るように混ぜます。(練らない)

 一つにまとまったら、ラップで包み、冷蔵庫で1時間ほど寝かせます。
  
 この生地を200gで18センチのタルト型に敷いていきます。
 
 バターが冷えて硬くなった生地をまな板の上に取り出し、強力粉を

 打ち粉にして(なかったら薄力粉でもOK)、麺棒で伸ばしていきます。

 打ち粉は麺棒にも、生地の表、裏の両方にしっかりしてください。

 生地をタルト型に敷きこみます。うまくできない場合は、生地をどんと

 入れ、手で型の形に伸ばしていってもいいです。

 ちぎれたり、穴があいたところは、余った生地で足してください。
  
 液体状のアパレイユが入るので、穴が開かないようにしっかりしきます。
 
 生地がしけたら、型のまま冷蔵庫に入れ、30分ほど休ませます。
 (焼きちじみを防ぐため)

 休ませたタルト生地の上に、ベーキングシートなどをのせ、中にタルト

 ストーンや、あずきなど重石になるものをして、180℃で25分焼き

 ます。一度、取り出して重石とベーキングシートを取り除き、

 アパレイユ用の卵の溶いたものを刷毛で塗り、もう一度10分焼きます。
 (生地が湿気るのを防ぎます)


アパレイユをつくり、タルトを焼く

 のこったとき卵に、グラニュー糖、小麦粉(ふるいながら入れる)、

 生クリーム、牛乳を順番に入れ、泡立てないように混ぜます。

 タルト台の空焼きしたものに、半分に切ったぶどうを並べ、上から
  
 アパレイユをそっと流しいれます。

 160℃のオーブンで30〜35分ほど焼き、少しゆすってみて

 アパレイユが揺れないようならできあがりです。

 
しばらくおいて、荒熱が取れたら型からはずし、冷やしてお召し上がり

ください。
DSCF0910.JPG


DSCF0911.JPG


ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村 料理ブログへ

recipe_blog_2.gif



ラベル:簡単おやつ
posted by かえっち at 06:21| Comment(0) | TrackBack(1) | おやつレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

おやつレシピ マーラーカオ

混ぜるだけ〜の簡単レシピです。

コツはないのでドンドン混ぜていってください。ポイントは一つだけ!

強火で蒸す、これだけです。

こんな簡単とは思えないくらい、ふんわり黄色く美味しいマーラーカオが

できあがります。牛乳や、冷たいウーロン茶なんかと、手づかみで食べたい

素朴なおやつです。ぜひお試しください。

DSCF0977.JPG

 
(18センチくらいのザル一個分)
卵・・・2個
砂糖・・・100g
サラダ油・・・55g
牛乳・・・60cc
薄力粉・・・100g(粉類は合わせてふるっておく)
重曹・・・小さじ1/3
ベーキングパウダー・・・小さじ1/3

粉類以外の材料をボールに合わせ、泡だて器で空気を含ませないように

混ぜておきます。そこへ粉類もいれ、そのままぐるぐるとダマがなくなるまで

混ぜます。ザルなどにクッキングシートをひき、そこへ生地を流しいれます。

予め、火にかけておいた蒸し器の中に入れ、35分強火で蒸します。

コツは強火で蒸すことです。ふたは開けないように。

蒸しあがったら、竹串を生地の真ん中に刺してみて、何も串についてこなければ

OKです。蒸し器から出して、冷まします。


蒸し上がりはこんな感じ↓です。ペーパーをはずして冷ましてください。
DSCF0975.JPG

DSCF0979.JPG


もとは『マーラーカオとあずきのトライフル』のために作ったレシピです。

こちらのほうものぞいてみてください。



ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村 料理ブログへ

recipe_blog_2.gif





ラベル:簡単おやつ
posted by かえっち at 16:35| Comment(0) | TrackBack(1) | おやつレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

おやつレシピ ミルクゼリー ぶどうのっけ

本当に簡単で簡単な、ミルクゼリーです。

これは本当は『おやつレシピ マーラーカオとあずきのトライフル』のパーツの

一つとして作ったんですが、これだけでも十分美味しいのでぜひに。

トライフルの時には甘いゆであずきと合わせたので、もっと甘みを控えてます。

少しあっさり目のお味なので牛乳の一部を少し生クリームに変えても、

味がしっかりして美味しいです。

DSCF0984.JPG


(小さめのカップ4つ分)

牛乳・・・2カップと1/2
砂糖・・・カップ1/2
板ゼラチン・・・5g
バニラビーンズ・・・1/5本


板ゼラチンは氷水に重ならないようにつけて、ふやかしておきます。

バニラビーンズは房からナイフで種をしごき出し、牛乳とともに鍋に入れます。

鍋に砂糖を振りいれ、沸騰したらやわらかくなった板ゼラチンを水気をきって

加え、溶かします。ざるなどで漉し、バットに流して冷蔵庫で2時間くらい冷やし固めます。

巨峰の皮をむき、半分に切って、種を取ります。ゼリーの上に飾ればできあがりです。

DSCF0985.JPG





ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村 料理ブログへ

recipe_blog_2.gif


ラベル:簡単おやつ
posted by かえっち at 07:30| Comment(0) | TrackBack(1) | おやつレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

おやつレシピ バナナスコーン

今日は前に作ったスコーンのレシピをご紹介します。

私が甘い物好きなのが知れわたっているので、ジャムをいただくことが多く、ジャムを食べよう

いう思惑だったのですが、結構甘めのスコーンになったのでそのままでも

十分美味しくいただけます。

DSCF0796.JPG

このレシピは周りがサクサク、中がふんわりになります。

もっと、中が層になり食感がざくざくになるレシピもあるので、それはまたの機会に。

DSCF0793.JPG

〈約10個分)
小麦粉・・・250g
グラニュー・・・40g
バター・・・80g
ベーキングパウダー〈BP)・・・10g
卵・・・1個
牛乳・・・50cc
バナナ・・・1本
打ち粉用・・・強力粉少し

小麦粉は、BPと合わせふるっておく。その中にグラニュー糖、1センチ格に切ったバターをいれ、

手でひねるようにしてつぶしながら、粉をまぶしていく。この作業を続けていくと、

バターが小さくつぶれサラサラの砂状になる。〈この作業をフランス菓子ではサブラージュといいます)

その中に卵、牛乳を入れ、こねないように一つにまとめていきます。少しぽろぽろの状態でもOKです。

薄切りにしたバナナを混ぜ、打ち粉をしたまな板の上に生地を出します。

表面にも打ち粉をし、同じく打ち粉をまぶした小さめのコップで、くり抜いていきます。

最後残った生地は、他のスコーンと同じくらいの大きさに手でまとめます。

余熱をしたオーブンで25分ほど焼いてください。


このスコーンを作った日はとにかく暑くて、バターがみるみるうちに溶けて作業がしにくかったです。

そういう時は粉をあらかじめ冷蔵庫で、冷やしておくといいです。

簡単なので、パンのない時や、おやつにどうぞ。



ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村 料理ブログへ

recipe_blog_2.gif
ラベル:簡単おやつ
posted by かえっち at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | おやつレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

おやつレシピ マーラーカオとあずきのトライフル

あずきを使ったおやつレシピです。

簡単にできるマーラーカオと、ミルクゼリーを使って、あずきとコラボレーション。

和風(あずき)と、中華風(マーラーカオ)、洋風(ミルクゼリー)を一緒に

して、かわいくグラスに飾りました。

DSCF0991.JPG

 (グラス3つ分)

(ミルクゼリー)
牛乳・・・2カップと1/2
砂糖・・・大さじ2
板ゼラチン・・・5g
バニラビーンズ・・・1/5本

(マーラーカオ)
卵・・・2個
砂糖・・・100g
サラダ油・・・55g
牛乳・・・60cc
薄力粉・・・100g(粉類は合わせてふるっておく)
重曹・・・小さじ1/3
ベーキングパウダー・・・小さじ1/3

ゆであずき・・・大さじ6

板ゼラチンは氷水に重ならないようにつけて、ふやかしておきます。

バニラビーンズは房からナイフで種をしごき出し、牛乳とともに鍋に入れます。

鍋に砂糖を振りいれ、沸騰したらやわらかくなった板ゼラチンを水気をきって

加え、溶かします。ざるなどで漉し、バットに流して冷蔵庫で2時間くらい冷やし固めます。



マーラーカオは粉類以外の材料をボールに合わせ、泡だて器で空気を含ませないように

混ぜておきます。そこへ粉類もいれ、そのままぐるぐるとダマがなくなるまで

混ぜます。ザルなどにクッキングシートをひき、そこへ生地を流しいれます。予め、

火にかけておいた蒸し器の中に入れ、35分強火で蒸します。

コツは強火で蒸すことです。ふたは開けないように。

蒸しあがったら、竹串を生地の真ん中に刺してみて、何も串についてこなければ

OKです。蒸し器から出して、冷ましておきます。



冷めたマーラーカオは1.5センチの角切りにしておきます。グラスに層になるように

マーラーカオ、ミルクゼリー、ゆであずきの順につめていきます。てっぺんが

あずきになるように盛り付け、完成です。

DSCF0992.JPG




井村屋「あずきレシピ」参加中♪♪


ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村 料理ブログへ

recipe_blog_2.gif


ラベル:簡単おやつ
posted by かえっち at 16:36| Comment(0) | TrackBack(1) | おやつレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

おやつレシピ あんこ入りミルク団子

やっと熱が微熱まで下がりました。

こうも暑いと冷たいものが食べたいな〜。お腹に優しいものが食べた

いな。

胃の調子が悪いせいか、ちょっと食べるとお腹がいっぱいになるんで

すが、すぐにお腹が減るんですよね。そんな時にはやっぱりおやつ

ですよね。

せっかくなので昨日届いた、井村屋のゆであずき!を使用したいと思

います。このあずきは砂糖が入ったタイプのゆであずきです。

DSCF0929.JPG



(お団子6個分)

井村屋のゆであずき・・・1/2缶
牛乳・・・300ml
片栗粉・・・大さじ4杯
砂糖・・・大さじ1杯

(シロップ用)
水・・・130cc
砂糖・・・1/4カップ


ゆであずきは鍋に取り、丸められる硬さになるまでヘラで混ぜなが

ら、水分を飛ばしていきます。(冷えると硬くなるので、もう少しか

なと思うくらいのところまで)しばらくそのまま置いておき、触れる

くらいの温度になったら、6等分して丸めておきます。


シロップ用の水と砂糖を鍋に入れ、火にかけて砂糖がとけたら、冷や

しておきます。


違う鍋に牛乳と、片栗粉、砂糖を入れ、泡だて器でよく混ぜてから、

火にかけます。混ぜながら様子を見て、固まってきたら一度火から

下ろし、よく混ぜます。もう一度火にかけ、フツフツと鍋のふちがな

ったら火から下ろしかき混ぜる、というのを2〜3回繰り返します。


ラップを広げ、その上にだいたい6等分くらいの量のミルク団子の生

地をのせ、水でぬらしたスプーンの背でトントンとあんこを包めるく

らいまで広げていきます(小さいと包みにくいので少し広めに広げ

てください)。その真ん中にあんこを入れ、ラップであんこがはみ出

ないように包みます。上はキュッキュとひねっておけばゴムでくくっ

たりしなくても大丈夫です。できたものは氷水につけておきます。↓

DSCF0931.JPG

しばらくつけて、お団子が冷えたら、水をつけた手で丁寧にラップを

はがしていきます。皿に移し、上からシロップをかけたら完成です。

片栗粉がまるで生麩饅頭のような食感にしてくれます。

手で持つと、ネバネバとくっついて食べにくいので、やさしい甘さの

シロップに浮かべてスプーンで食べられるようにしました。

DSCF0938.JPG

作成時間は30〜40分くらいでしょうか?簡単おやつです。



井村屋「あずきレシピ」参加中♪♪


よかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村 料理ブログへ

recipe_blog_2.gif


ラベル:簡単おやつ
posted by かえっち at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | おやつレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。